ドレタ社木製窓と建材

弊社が提供するのは、単なる窓ではなく、窓と共にある生活スタイルです。
ウィタウタス・シリャビチュス ドレタ社会長

窓から始める新しいライフスタイル ・ ドレタの窓が選ばれる訳 !

エコと省エネを一番に考えるなら、ドレタ社(リトアニア)の木製窓 !

クジス博士の疑問からそれは始まった:なぜ日本人は木製窓を選ばないのか?

クジス博士の「0.5%からの挑戦」

こんにちは、クジス博士です。
北欧95%、イギリス75%、米国45%、日本0,5%:この数字は何を表わしているお分かりですか?
答え…木製窓の占める割合です。
日本では近年の生活様式の変化に伴い、アルミサッシを選択するようになりました。しかし、地球規模での環境破壊や、温暖化の進行が叫ばれ、昨今、エコカーや、省エネ家電が一層普及してきています。そして、今後ますます環境への負荷が少ない、地球にやさしい製品への志向が高まっていくことでしょう。まさに今、エコ・省エネ志向に基づき窓についても新しい選択をする時代が到来したのです。そこで、新しい選択肢として熱貫流率に優れた木製サッシ窓をご提案します。(熱貫流率とは…熱の伝えやすさを表す数値)。
熱は、暖かい方から寒い方に逃げて行きます。たとえば・・・
【冬】…建物から逃げ出す暖かい熱の48%は窓やドアから!
【夏】…外から入り込む暑い熱の71%は窓やドアから!

窓の低熱効率は、建物の加熱や冷却のためのエネルギー消費量の主な理由です。

結局、日本だけ、千年以上保存された木造の構造が生き残りました。そう、なぜ日本では木製窓を不信しないし、選ばれないのでしょうか?幾つかの疑問にお答えします

理由1 … Q: 木製窓は燃えやすい?

A: 確かに木材は燃えますが、その一方で、アルミやスチールは溶けます)。しかし、ドレタ社
製の窓は、発泡性耐火塗料により、窓を火事から守ります。

理由2 … Q: 木製窓は強度性能が低い?

A:  ドレタ社製の窓は、3層~6層のフィンガージョイントラミナを使用。高強度枠接合部の技術は
普通の木材より曲げ及び圧縮強度が3倍以上です。

理由3 … Q: 木製窓は重い?

A: 昔の板ガラス窓は、断熱性、遮音性に低く、更にはサッシの重さが家に負担をかけました。
しかし、この省エネ窓の場合は、面積3.24㎡で、枠幅78㎜にした場合、平均重量は24㎏になります。ちなみに、三層複層ガラスユニットでの重さは約100-110㎏。アルミサッシ窓と同じ重量なのです。 

理由4 … Q: アルミサッシと木製窓は断熱性能が変わらない?

A: 木製窓の枠は、アルミサッシより3~4倍、アルミ・高級樹脂サッシより2倍断熱性に優れており、それ 
によりカビの発生原因となる結露を防止します。

理由5 … Q: 木製窓は耐久性がない?

A: 世界最古の木造建築物法隆寺をとってみても、木とは以外に丈夫なものです。それの建立時に比べ 
現代の木材塗装技術は格段に進歩しています。木材は水分率12%以下まで乾燥させ、木製枠部分を一本ずつ防腐及び防カビプール・プライム・下塗り・上塗りコーティングを施し、耐久性も向上させています。更に室内側は、質感や風合いで木製サッシの魅力を最大限に生かし、屋外は、アルミクラッドで腐食や劣化から守ります。

理由6 … Q: 木製窓は値段が高い?

A:(窓オーダー例):木造2階建て2棟のテラスハウスの場合、窓数20枚。総面積21,82㎡で総額150万円 
均70,000円/㎡)となります。省エネ性が高いのみならず、価格面においても、アルミサッシと十分に比較検討頂ける価格となっています。同じ断熱性能外壁の1㎡施工費は10万円なる。今なら、見積料ただ。

如何でしたか?木製窓について興味を持って戴けましたか?

木のぬくもりのある家には、暖かさが感じられるものです。折角の木の風合いを、寒々しいアルミサッシで損ねてしまわず、木の窓で一体感を出すことを強くお薦め致します。御一考の折には、ぜひ弊社にお尋ね下さいますことを心よりお待ちしております。